保育園看護師│具体例で見る、転職専門サイトの上手な利用法

保育園看護師 → 保育園看護師と転職サイト│活用の成功例&失敗例

保育園看護師と転職サイト│活用の成功例&失敗例

看護師が転職する場合に看護師転職専門サイトを使うのは、もはや常識になってきています。しかし、その看護師の考え方や性格によって向き不向きがあります。ここでは看護師転職専門サイトを利用したほうが良い看護師像を見つけるために<向いている人と向いていない人の特徴>を考えたいと思います。
保育園看護師のバイトはインターネット経由で

まずは「看護師転職専門サイトを利用したほうが良い」看護師の特徴です。1番目は「面接のスケジュール調整をしたり、求人を探したりする時間がない看護師」です。今現在在職している看護師が多いパターンになります。

専任コンサルタントから提案される案件は5件以内と絞り込まれていることが一般的です。面接スケジュールの調整も代わってしてくれますから大幅な時間短縮ができます。

2番目は「自分の個人情報を隠さず出し惜しみしたりしない看護師」です。話の展開によってはキャリアプランや希望条件のヒアリングの目的で個人的な話をしなければなりないこともあります。非協力的な場合は求人の案内ができないこともあります。

3番目は「転職の希望条件が明確でも該当する病院がピンとこない看護師」です。初めて転職する看護師や病院だけで勤務されていた看護師に多いです。希望条件に該当する職場をいろいろ紹介してもらうと思いがけない職場が見つかることもあります。フラットな気持ちで固定概念を捨てると良いでしょう。

次に「看護師転職専門サイトを利用しない方が良い」看護師の特徴です。1番目は「参考程度に求人を探しており退職するかどうか未定な看護師」です。看護師転職専門サイトは病院など医療機関に入職してもらうお手伝いをする仕事です。まだまだ参考程度の段階で求人を提案していたらくタイプの機関ではありません。

2番目は「転職するタイミングが半年以上先に予定の看護師」です。勤務開始時期が早い登録者から対応するのが一般的です。あまりにも早すぎる場合は忘れられてしまうこともあるみたいです。3カ月以内にあらばすぐに面接ができるそうですから一つの目安と考えておくといいでしょう。

3番目は「ご自分で遠慮なく医療機関に問合せできる看護師」です。直接問合せをした医療機関は看護師転職専門サイトが紹介できないパターンが多いです。どんどんと自分で医療機関に問合せしていると看護師転職専門サイトが利用できなくなります。

国や県などの公的機関で看護師として働く事について

看護師の主な職場は病院ですが、国や県が運営している公的機関の病院や医療機関で働く場合、一般の病院と仕事の内容は似ていますが、就職のしやすさが異なってきます。公的機関の場合は市役所などの施設と同じ扱いで、公務員の立場で看護師として働く事になります。

そのため、看護師の資格を取った上でさらに公務員の試験に合格する必要があります。公務員として看護師の仕事をするメリットとしてはその安定性です。企業は民間病院で働くと、景気などによって給与やボーナスに変動がありますが、公務員の場合は国から給与が支払われるため、景気の変動に関わらず、ボーナスが頂けます。

土日が休みになるのも大きなメリットです。他の病院だと中々こうはいかないため、家族の方などと休みを合わせたい方にもお勧めです。各種制度も整っており、病院の設備なども最新の設備が導入されて整備されているため、働き易さはとても良く、長く働くのに適した職場です。

公務員は最近特に人気が高く、看護師としての公務員採用も例外ではありません。試験の合格倍率はとても高いので、看護師の試験のように、こちらもしっかりと勉強する必要があります。時間はある程度かかるかもしれませんが得られるものは大きいのでチャレンジする方は頑張って頂きたいと思います。

公的な医療機関での仕事は、その地域の方の健康をサポートするのが主な仕事となっており、子供から高齢者の方まで、幅広い方のサポートを行います。保健師が一緒に働く事も多く、チームで業務を行う事もあります。保健師の資格を持っていると、業務の幅はより広がり、より安定した仕事を行う事ができます。

保健師ももちろん資格を試験を受けて取る必要がありますが、全て頑張って勉強して、入ってからスムーズに仕事をしていくというのも一つの選択肢です。保健師は看護師の次のステップとして考える方も多い資格です。こちらも合わせて検討してみる事をお勧めします。